おすすめのダイビング器材を紹介するWEBメディア

ダイビングツールナビ

撮影機材

ダイビング初心者の水中カメラデビューは中性浮力が取れるようになってから!!

投稿日:

アンダマン海のツバメウオ

きれいな景色やかわいい魚の写真を撮りたい!!
Cカード取ってファンダイビングに出かけて、最初に思うことではないでしょうか。ライセンス講習の時から、そう思っていた人もいるかもしれません。

この記事では、器材も欲しいし、カメラも欲しい。どっちを先に買ったらいいんだろう、と水中カメラデビューに悩んでいるビギナーダイバーさんへ、

  • 水中写真は難しいから、中性浮力が取れないと写真も撮れないよ
  • 陸上でも水中でもお役立ち!!写真の構図の決め方

などについてご紹介します。

水中写真の難しさ

水中写真を撮るのは、ナカナカ難しいものです。

  • レンズと被写体の間にある水の色が写ってしまい、被写体が違った色に写ってしまう(青かぶり)
  • 水中は暗いのでシャッタースピードが遅くなり、素早く動く被写体は、シャッターが下りる前にいなくなる
  • 水中は暗いのでシャッタースピードが遅くなり、動き回る被写体はぶれて写ってしまう / 水中でダイバーの体が動いてしまっても、写真はぶれて写る

こんなわけで、1回のダイビングで100枚撮ったけど、SNSにアップできるようなショットは撮れなかった、なんてことも、よくあります。

水中カメラやGoProとハウジングのセット、結構なお値段になります。
カメラ買って、わくわくしてダイビングした結果、こんなことになったら・・・どれほどがっかりすることでしょう・・・

水中カメラデビューは中性浮力が取れるようになってから

ダイビングで使う主な器材は、フィン、マスク、BC、レギュレーターの4点。

少ないですが、慣れるまでは操作が大変ですよね。BCからうまく空気を抜けずに浮上してしまった。1本終わってエキジットしたら、疲れてぐったり。頭痛まで・・・

なんて方は、まだ水中で写真を撮る余裕はないでしょう。

では、どうなったらカメラを持っても大丈夫か。

ビギナーを抜けるポイントと同じですが、

『中性浮力がとれて、水中で体勢をコントロールできるようになる』

ことです!

まずは、このスキルを習得し、ミスなく、余裕をもってダイビングできるダイバーになりましょう。

その理由は、中性浮力が取れず余裕もないダイバーは、

  • バタバタさせたフィンで砂を巻き上げて辺りを濁らせたり、サンゴを折ってしまう
  • 写真撮るのに夢中になりすぎてグループからロストしやすい

等いろいろありますが、最大の理由は、前に説明した通り、

体が安定していないと、写真はぶれて写ってしまう(手ブレする)からです。

そもそも写真を撮れない!!

そう言われても写真撮りたい!! 動画撮りたい!! という方は、一度レンタルして試してみましょう。

日常生活で写真の練習をしよう

写真の上手/下手は、水中でも陸上でも同じです。陸上でステキな写真を撮る人は、水中でも個性的な写真を撮るものです。

中性浮力を目指してダイビングスキルを磨きつつ、陸上で写真の練習もしましょう。

Point1 構図

まず最初に気にしたいのは、構図です。

  • 背景と、被写体の量のバランス
  • 被写体が写り込む角度

などを、写真の中央、四隅を対角線方向にチェックするのが私流です。

Point2 遠近感・奥行き

被写体と構図を決めるときに重要視しているのが、遠近感です。

メインの被写体を前方に大きく、サブの被写体を後ろに小さくぼかすと、遠近感が出て、
奥行きや空間の広がりを感じさせる写真になります。

魚の写真は、図鑑のような写真になりがちですが、奥行きのある写真は芸術的!!

水中では、こういう点を、動く魚に対してチェックしながら写真を撮ることになります。

Point3 水中写真の参考書でイメージトレーニング

陸上でもたくさん写真を撮って、練習しておきましょう。水中でのシャッターチャンスに、瞬時に反応できるようになるハズ。

水中写真の参考書でイメージトレーニングするのもおススメ!!参考になる本を2冊ご紹介します。

ゼロからわかる基礎ガイド 上手くなる!水中写真―コンデジ・ミニ一眼・デジタル一眼レフで撮る!

こちらはマリンダイビング増刊。マリンダイビング編集部による解説書です。

デジタルカメラによる 水中撮影テクニック

水中写真家の峯水 亮さんの著書です。

デジタルカメラによる 水中撮影テクニック

デジタルカメラによる 水中撮影テクニック

峯水 亮
1,881円(11/30 00:42時点)
発売日: 2013/06/20
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

水中は、写真を撮るには条件の悪い世界です。

暗い水中では、シャッタースピードが遅くなってしまいます。

手振れした写真の連発にがっかりしないためにも、中性浮力を取って、安定した体勢を保てるようになってから、カメラやGoProを買うのをおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
taka

taka

大好きなダイビングは16年目に突入。写真撮影も大好きで、今は光の当て方を追求しています。ショップの店員さんとダイビング器材談義をするのも楽しい。 潜った海は、太平洋、日本海、インド洋、紅海、カリブ海。赤道周辺の海をぐるりと制覇するのを目指してます。

-撮影機材

Copyright© ダイビングツールナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.