おすすめのダイビング器材を紹介するWEBメディア

ダイビングツールナビ

軽器材

【2023年版】ダイビング用スノーケルの選び方を徹底解説 おすすめのシュノーケル10選

投稿日:

水中では使わないけど、水面での移動やエア切れなどのトラブルのために持って潜りたいスノーケル。
スノーケルなんてどれも同じでしょ? たくさんありすぎてどれを選べばいいのか分からない、なんんて困っているダイバーもいるかもしれません。

そこで今回は、スノーケルの選び方について解説。男女別と携帯用、それぞれのおすすめ商品も紹介します。

スノーケル・シュノーケル どっちが正しいの?

本題に入る前に、初心者を迷わせてしまうのは、2つの似た名称。
スノーケルと、シュノーケルは、同じものを指しているのでどちらも正しいです。英語かドイツ語の違いです。

スノーケル snorkel 英語
シュノーケル Schnorchel ドイツ語

潜水艦の換気用の管をシュノーケルと呼んでいて、形が似ていることから名づけられました。

スノーケルの選び方

いろんな製品が販売されていますが、どのような違いがあるのかご説明します。
スノーケルを選ぶ際に、各ポイントについてあなたに合っているかチェックしてみてください。

スノーケル内部の容積 ・ 男性は大きくてOK / 女性は小さめ

スノーケル選びで最も重要なのは、スノーケル内部の容積です。

「空気を吸い込んで、いらない空気を吐き出す」呼吸。
内部の容積が大きすぎると、吸ったり吐いたりしづらく、自然な呼吸ができません。
一方で、内部の容積が小さすぎると、1度の呼吸で必要な量の空気を吸ったり吐きだしたりできず、呼吸回数が増えてしまい、疲れたり息苦しさを感じてしまうかもしれません。

あなたの呼吸量(肺活量)に応じた内容積(サイズ)のスノーケルを選ぶのが重要です。

スノーケルの内容積は、太さと長さで決まります。

太いほど一度にたくさん吸えますが、吸い込む力(肺活量)が必要です。

スノーケルは長いほど、先端が水面から離れるので水が入りにくくなります。しかし、入った水を吐き出すスノーケルクリアをするのにも、吐き出す力(肺活量)が必要です。

このため、スノーケルは、

  • 男性など肺活量の多い人は内容積の大きい、太くて長めのもの
    内容積は150cc程度
  • 女性など肺活量の少ない人は、内容積の小さい、細くて短めのもの
    内容積は120cc程度

を選ぶのがポイントです。

特に女性は、女性用または、小さめのスノーケルを選びましょう。

先端の水侵入防止機構

スノーケルには、先端に水侵入防止機構の付いたものがあります。この仕組みには、ドライスノーケルとスプラッシュガードの2種類あります。

ドライスノーケルは、先端が水中に浸かってしまったときに、中に水が入りにくくする仕組みです。スノーケルが水に浸かると、筒の上に入っている浮きが蓋をして水の侵入を防いでくれます。ドライトップ・ドライアッパーとも呼ばれます。

スプラッシュガードは、先端についている波よけのカバーです。スノーケルが水面から出ているときに、波がかかっても中に入って来にくい仕組みです。アッパーキャップとも呼ばれます。

マウスピースに続く蛇腹部分の有無

スノーケルの形には、パイプとマウスピースのつなぎ目が蛇腹になっているタイプと、顔の形に沿ってもともとパイプ部分が曲がっているタイプ(ラップアラウンド型)があります。

ダイビングでは、スノーケルの位置が固定されていると、レギュレーターを咥えるときにじゃまになる場合があります。そのため、自由に動かせる蛇腹タイプがおすすめです。

一方スノーケリングでは、水面で動いても水の抵抗を受けにくいラップアラウンド型の方が、安定して使えます。

下部の排水機構

スノーケルを選ぶときには、スノーケルの下の方についている排水室や排水弁をチェックすることも大切です。排水室・排水弁があるスノーケルは、水が入っても飲み込んでしまうリスクが少なく、簡単に排水もできるので、初心者でも安全に使えます。

排水室は、空気と水の通り道を別にして、呼吸のじゃまにならないところに水をためる機能です。

排水弁は、スノーケルに入ってしまった水を楽に外に出せる仕組みです。口から息を吐くときに弁が開いて水を外に出し、息を吸うときには弁が閉じるので、水の逆流を防いでくれます。

おすすめのスノーケル10選! 2023年版

ショップの店頭に並んでいる最新のスノーケルの中からおすすめを、

  • 肺活量の大きい男性用のスノーケル
  • 肺活量が小さめの女性用のスノーケル
  • ケースに入れて携帯できるスノーケル

に分けてご紹介します。

男性用のスノーケル

男性は肺活量が大きいので、内容積150cc以上のスノーケルでも、自然に呼吸できます。
男性におすすめできるスノーケルを5点、ご紹介します。

スーパーブリット (GULL)

排水室・排水弁が2つあるハイスペックモデル。中に入ってきた水は、2つの排水室に流れて口元に残りにくく、呼吸の安心感も倍増です。
内容積がかなり大きいため、一呼吸でたくさんの空気が吸えると、プロからも選ばれているスノーケルです。

内容積 180cc
10色(2023年の新色2)

ゼファーフレックススノーケル (AQUALUNG)

矯正歯学的にデザインされたマウスピースが、優しい嚙み心地を実現。
自由に動かせる蛇腹部分と、回転できるマウスピースで、口の位置にぴったり調整できるので、長い時間スノーケルを続けても顎が疲れません。

おしゃれなイタリアンデザインも魅力。8色から選べます。

カマロドライスノーケル (HeleiWaho)

ヘレイワホの2023年新モデル。

先端は、ドレインドライシステムとスプラッシュガードのダブルの機能を持ちます。圧倒的に水が入りにくく、初めてスノーケリングをする人でも安心です。

マウスピースは咥え心地の良いシリコン製ですが、別売りのものに交換もできます。

インプレックス ハイパードライ エボリューション SP461 (TUSA)

TUSAの2023年新モデル。

シンプルな作りですが、先端にはハイパードライ機構がついているので、安全性もばっちりです。

水の抵抗が少ない3Dの楕円形のパイプは、割れにくい柔らかい素材。うっかり踏んだり曲げたりしてしまう人でも、長く使い続けられます。

内容積 150cc
6色

スノーケル RSP160Q (REEF TOURER)

お得な値段で買いたい人におすすめのスノーケルです。内容積が少し小さめなので、女性でも使うことができます。

ドライスノーケルも排水弁もついていて、しっかりと水対策されています。
マウスピースはシリコン素材で、咥えたときの嫌なゴムの匂いや味がありません。

金額も機能性も、どちらも求めるコスパ重視派に選ばれています。

内容積 147cc
3色

女性用のスノーケル

女性は肺活量が小さめなので、内容積120cc程度のスノーケルが呼吸しやすいでしょう。
性におすすめできるスノーケルを4点、ご紹介します。

レイラドライSP GS-3163 GULL

GULL(ガル) レイラドライSP GS-3163 ハバナピンク

GULL(ガル) レイラドライSP GS-3163 ハバナピンク

3,690円(05/24 20:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

歯の噛み合わせにフィットする上下非対称設計の専用マウスピースは、他にはない噛み心地。サイズも女性向けに小さめなので、疲れずにずっと咥えていられます。

蛇腹部分がまっすぐに伸びて、レギュレーターを使うときにじゃまにならないのも、ダイバーに嬉しいポイントです。

全10色のカラー展開は女性好みのきれいな色が多く、器材もおしゃれに揃えたいダイバーも満足できます。

内容積 125cc
10色(2023年の新色2)

ユニクスクリアー AS-350 (IKARI)

先端の逆止弁から入り、口元の排水弁から出ていくことで、常に一方向に空気が流れる構造。
そのため、常に新鮮な空気を吸えて快適です。
かなりコンパクトなサイズで、肺活量が少なくても楽に呼吸でき、手軽にあちこち持ち運んで使えます。

内容積 112cc
5色

シュノーケル USP260 (TUSA Sport)


内容積もマウスピースも小さめに作られていて、女性が疲れずに長い時間スノーケリングを楽しめます。
ハイパードライエリートトップ・排水弁・蛇腹と、欲しい機能が3つしっかり揃っています。
サイズは小さくても、満足感は大きい一品です。

内容積 134cc
2色

エブリーダー3 (SAS)

男女兼用ですが、内容積がかなり小さいため、どちらかというと女性向けです。
水抜き排水弁のおかげで、肺活量が少なくてもスノーケルクリアが楽にできる優れもの。

内容積 95cc
11色

ケースに入れて携帯できるスノーケル

レギュレーターをくわえる時にじゃまになったり、水の流れで引っ張られるのを避けたくて、スノーケルを付けないダイバーも少なくありません。

ですが、2023年、沖縄のルカン礁やオガンで発生したような漂流事故に巻き込まれてしまうかもしれません。
ケースに収納できる携帯用のスノーケルをBCDのポケットに入れておけば、いざという時に水面で使えて安心です。

ノーチラストラベルスノーケル (AQUALUNG)

柔らかくても耐久性のあるシリコン素材のスノーケルで、巻いてたたんで、収納ケースに入ります。ケースをBCのポケットに入れたり、Dリングにつるしたりして携帯できます。
コンパクトに持ち運べるので、旅行の荷物も減らせて便利。

コロヘ (HeleiWaho)

丸めてケースに収納するとわずか9cm、かなりコンパクトなサイズになります。
形状記憶なので、ケースから出せばすぐに元通り。

機能は最小限で、排水弁がないため、予備として持ちたい人におすすめのスノーケルです。

お手頃価格で人気の商品。品薄気味なので、在庫を見つけたら迷わず購入しましょう。

シュノーケルVA-5261 (VAXPOT)

先端にはスプラッシュガードがついていて、水が入りにくい作りです。
さらに、マウスピースとパイプのつなぎ目が蛇腹なのも携帯用では珍しく、マウスピースが口から外れにくいので楽にくわえることができます。

携帯用にも機能性が欲しい人に選ばれています。

よく売れているようで品薄気味。入荷されているのを見つけたら、即購しましょう!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

taka

大好きなダイビングは17年目に突入。写真撮影も大好きで、今は光の当て方を追求しています。ショップの店員さんとダイビング器材談義をするのも楽しい。 潜った海は、太平洋、日本海、インド洋、紅海、カリブ海。赤道周辺の海をぐるりと制覇するのを目指してます。

-軽器材

Copyright© ダイビングツールナビ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.